• ホーム
  • ジスロマックとお酒を併用すると攻撃性が高くなる

ジスロマックとお酒を併用すると攻撃性が高くなる

ジスロマックはクラミジア感染症の治療に役立つ治療薬です。
男性の場合、尿道などに変化があらわれます野で感染に気づくまでの時間が短いのですが、女性の場合は不正出血やおりものの増加など著しい変化が見られず自覚症状が出ることが少ないので感染に気づきにくい性病でもあります。
治療を行わないで放置してしまうと不妊症や子宮外妊娠の原因となるので注意が必要といえます。
本来クラミジアの治療は長くかかるのが一般的でしたが、ジスロマックは1回服用するだけ1週間効果が期待できるので飲み忘れることなく治療をできるとして役立っています。
クラミジアは自分が感染しているのであればパートナーにも感染している場合が多く、一緒に治療を行わないと移し合ったりすることになるので、特定のパートナーがいる場合には理由を話して一緒に治療を行っていくようにしましょう。

薬を飲む場合に気になるのは併用ですが、風邪やインフルエンザの場合は体調がつらいこともあるために、なかなかアルコールを使用するという気にはならずに安静にしていることができます。
しかし、クラミジアなどの性感染症の場合自覚症状が少ないとつい少し暗いとお酒を飲みたくなることもあるかと思われます。
しかし、ジスロマックは中枢神経に影響することがあるのでとアルコールとの併用により極めてまれですが攻撃性が高まる副作用があらわれることがあります。
その他にも、肝臓に負担がかかったり血液中のアルコール濃度が高まることで有効成分が十分に発揮されず菌に対しての攻撃が中途半端になることで耐性菌ができるリスクが高まるとされています。
ジスロマックに限らず、抗生物質を服用する際にはお酒との併用は好ましくないとされますので注意しましょう。