• ホーム
  • 胃腸が弱い人にジスロマックを飲む方法

胃腸が弱い人にジスロマックを飲む方法

ウィルス

ジスロマックは細菌による感染症の治療に用いられる抗生物質で、風邪による扁桃炎、歯科治療における歯周炎、他にも肺炎や中耳炎など様々な症状に対応しています。
そのため、内科や歯科、耳鼻科など多くの診療科で処方されていますが、主に使用されるのは性感染症のクラミジアの治療においてです。
飲み方は医師の指示に合わせて飲むのが最も適していますが、ジスロマックの特徴として高濃度で服用することで善玉菌まで退治してしまい、胃腸を悪くさせる副作用が知られています。
胃腸が悪い人が高用量で経口投与を行うと、胃痛や下痢を起こすことがあるので飲み方を変えることが重要になります。
一般的な服用方法はジスロマック錠500mgを2錠、1回の服用だけで効果は7日間持続しますが、副作用が心配な人はジスロマック錠500mgを1錠、1日1回で服用して3日間連続で飲み続けるという方法もあります。

服用するタイミングは気にする必要はなく、食後や食前など気にする事なく、3日の間に同じ時間帯で飲めば問題ありません。
それでも不安という人は、食事によって血中濃度が若干上昇しやすい傾向にあるので、食後2時間以上経過、または服用してから2時間後に食事を摂るといった方法で良いです。
また、ジスロマックには錠剤の他に、ジスロマックSRと呼ばれるドライシロップがありますが、これは有効成分のアジスロマイシンが2,000mg封入されています。
1回の飲みきりタイプで高用量の使用となるので、強力な抗菌力を発揮しますが、胃腸が弱い人は高い確率で腹痛や下痢を起こすので使用には十分に注意します。
基本的に副作用は少なく、妊婦が飲んでも問題ない安全性の高い抗生物質ですが、副作用が起こると長く継続することも知られているので、どうしても堪えられない場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧